おすすめ記事

アーム上場控えIPO近い未公開株に注目集まる-ハードルも上がる

記事を要約すると以下のとおり。

 IPO前投資の根拠はベンチャーキャピタルと似ているが、出口としてのIPOに近い分リスクは少ない。
ディスカウント率は5月の52%からは上昇した。
 同社はこれまで上場株に投資してきたが、テクノロジー・消費者関連株のIPO前投資を行うファンドを最近スタートさせた。
 より安全な賭けは、事業実績があり、収益性への道筋が明確な規模の大きな企業だ。
レインメーカーのマネジングディレクター、グレッグ・マーティン氏によると、時価総額20億ドルを下回ると、流動性の恩恵にあずかることなしに、四半期報告や情報共有、公開コストなど公開企業ということになる。
この新しいハードルは今後、IPOの流れに影響を与えるだろうと同氏は話している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アーム上場控えIPO近い未公開株に注目集まる-ハードルも上がる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう