おすすめ記事

アームIPOへの期待、現実直視で弱まる-今週ロードショー開始

記事を要約すると以下のとおり。

ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計会社 アームは今週、新規株式公開(IPO)に向けたロードショー(機関投資家向け説明会)を開始するが、現実を直視することで上場への期待感は弱まりつつあり、評価額と調達額の両方の見通しが低下している。
だが、株式上場の行方は、中国リスクやスマートフォン市場の成長鈍化、人工知能(AI)の採用拡大による収益上振れなど、より広範な要因を投資家がどう評価するかに左右されそうだ。
アームのロゴPhotographer:GabbyJones/Bloomberg  目論見書によると、アームは中国事業の大半を独立した部門であるアーム・チャイナを通じて行っている。
 ソフトバンクGの創業者である孫正義氏にとって、最新の評価額予想は少なくとも痛手だろう。
 ブードリー氏は指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アームIPOへの期待、現実直視で弱まる-今週ロードショー開始

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう