おすすめ記事

イエメンのフーシ派とは何者か、米英が軍事拠点を空爆-QuickTake

記事を要約すると以下のとおり。

米英軍は11日、イエメンの親イラン武装組織フーシ派の軍事拠点に対し空爆を行った。
フーシ派はイスラエルとつながりのある船舶を標的にするとしていたが、イスラエルと関係のない船舶も影響を受けた。
同国北西部サーダ州出身のイスラム教シーア派系の一派であるザイド派の組織で、北イエメンと南イエメンが1990年に統一された後、一連の反政府活動を展開してきた。
2.フーシ派のスポークスマンはこれについて「パレスチナで抑圧されているわれわれの同胞を支援」するためイスラエルを標的にしたと説明。
昨年11月19日以降で27回目となる。
フーシ派は射程距離が1350-1950キロに到達可能な液体燃料ミサイルを保有していると主張する。
米軍は10月19日にイスラエルに向けて発射された巡航ミサイルとドローン攻撃、最大規模-米英部隊が撃墜5.イエメン内戦の原因は何か?  11年初頭から中東・北アフリカで本格化した一連の民主化運動「アラブの春」により、30年にわたり権力の座にあったサレハ大統領が暫定大統領選挙で当選し、新憲法制定や選挙への準備プロセスを進めるはずだった。
 だがフーシ派は連邦制移行を拒否。
15年にサウジがハディ政権支援のためフーシ派との戦争に介入した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース イエメンのフーシ派とは何者か、米英が軍事拠点を空爆-QuickTake

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう