おすすめ記事

イエレン長官、「史上最悪の失策」と批判のドラッケンミラー氏に反論

記事を要約すると以下のとおり。

新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)となっていた当時、米財務省が事実上のゼロ金利を利用して長期の国債発行を増やさなかったのは「史上最悪の失策」だとの批判に対し、イエレン米財務長官は「その評価には同意しかねる」と反論した。
なぜこの件で批判されていないのか、さっぱり分からない。
「残念ながら、そうしなかった機関が一つあった。」
そうした発行は深くて流動的な米国債の平均残存期間は7-9月(第3四半期)に72カ月に縮小。
昨年第3四半期から今年の第2四半期までは、1980年のデータ収集開始以来で最長の74カ月が続いていた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース イエレン長官、「史上最悪の失策」と批判のドラッケンミラー氏に反論

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう