おすすめ記事

イタリア債スプレッド、ECB介入の水準に届く兆しない-ビスコ氏

記事を要約すると以下のとおり。

イタリア債のスプレッドは拡大しているが不安な水準ではなく、欧州中央銀行(ECB)の介入が必要になることはないだろうと、ECB政策委員会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁が語った。
この予算案では今年の財政赤字が国内総生産(GDP)比5.3%、来年が4.3%になる見通しで、メローニ首相に減税とその他の公約の実現を可能にしている。
自分が思うに市場が懸念している主な理由は、イタリア経済の成長能力だと論じた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース イタリア債スプレッド、ECB介入の水準に届く兆しない-ビスコ氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう