おすすめ記事

イラン大統領が搭乗したヘリ、濃霧の中で事故-安否は依然不明

記事を要約すると以下のとおり。

イランのライシ大統領が19日、訪問した同国北西部からの帰途に、搭乗していたヘリコプターで事故に遭った。
 イラン政府報道官は同日遅く、「更新する情報はないとし、イランが「困難で複雑な状況」に対処しているとX(旧ツイッター)で説明した。
 2021年の大統領選を制したライシ氏の無事を祈るよう国民に呼びかけるとともに、事故の結果として「内政に何らの混乱もない」と表明した。
ライシ大統領のヘリコプター隊には、アブドラヒアン外相を含む複数の高官が搭乗していたと報じた。
ホワイトハウスによると、バイデン大統領はイランに関する状況説明を受けている。
 ライシ大統領は19日、アゼルバイジャンとの国境に両国が共同で建設したダムの開所式に、同国のアリエフ大統領と共に出席。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース イラン大統領が搭乗したヘリ、濃霧の中で事故-安否は依然不明

Twitterでフォローしよう