おすすめ記事

インドネシア、14日に大統領選-国債投資家は財政赤字リスクに警戒

記事を要約すると以下のとおり。

インドネシアは「フラジャイル5」、つまり脆弱(ぜいじゃく)な5通貨の一角とされた時代を乗り越え、投資家にとって重要な新興国市場となった。
 海外からの資金流入が続けば、世界経済への影響力が高まり、投資家のポートフォリオで確固たる人気を獲得しているもう一つの高利回り国、インドからの挑戦を打ち負かす一助にもなるだろう。
 ティー・ロウ・プライスのマネーマネジャー、レオナード・クワン氏(香港在勤)は、「もう少し取り組む可能性があるとの見方を示した。」
年間で19年以来の黒字となっている。
汚職摘発が強化されほか、隠し資産の申告を促す「タックス・アムネスティ(租税特赦)」制度も始まった。
不透明感  しかし、良い時代は長続きしないかもしれないと警告する一部の市場ウオッチャーもいる。
Indonesia'sFiscalDeficitShranktoLowestin12YearsGovernmentbeattaxgoalforthreestraightyears,moderatedspendingSource:FinanceMinistryNote:2023figuresareunaudited  投票日が近づくにつれ、投資家らは候補者3人の政策を詳しく調べている。
ただ、その後、プラボウォ陣営のアドバイザーは、社会扶助プログラムと保護主義的政策を強化するとの公約で、財政赤字がGDP比30%に拡大すると予想している。
 前ジャカルタ特別州知事のアニス候補はジョコ政権の産業政策を検証すると表明しており、その中にはインドネシアを川下商品大国にする支援策も含まれている。
プラボウォ国防相(ジャカルタ、1月27日)Photographer:DimasArdian/Bloomberg  いずれの候補者も50%以上の票を獲得できなかった場合、6月に決選投票が行われる。
ルピア建て10年国債を多く保有するアッシュモア・グループは、インドネシアのファンダメンタルズと債券の魅力的なキャリー取引に焦点を絞っており、ボラティリティーに注目していないと調査責任者のグスタボ・メデイロス氏は説明した。
インドネシアへの投資に影響を与えるようなマクロ経済の大きな変化は予想していないと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース インドネシア、14日に大統領選-国債投資家は財政赤字リスクに警戒

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう