おすすめ記事

ウォラー理事、6月利上げ有無はデータ次第-引き締め終了は時期尚早

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は24日、米金融当局が来月に利上げを再度実施するか見送るかどうかは今後数週間の主要なデータ次第になるが、引き締めサイクルが終わったと宣言するのは時期尚早だとの考えを示した。
 「今後3週間に主要なデータがいくつかまだ公表される。」
「それまでは、6月に下す最善の判断に関して柔軟性を維持する必要がある」と続けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォラー理事、6月利上げ有無はデータ次第-引き締め終了は時期尚早

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう