おすすめ記事

ウォール街のカジノが営業再開、大盛況-ミーム株ブーム再び

記事を要約すると以下のとおり。

米株式市場の不透明で投機的な一角で、カジノが大盛況だ。
 ウォール街で最も不人気な銘柄の多くに広がったこの熱狂は、2021年のミーム株ブームの様相を呈している。
 アルゴリズムを使ってモメンタムを捉える戦略は、上昇の動きが主流になる前に飛び乗ることができるようになった。
そうした投資家は「値動きの始まりに参加し、値崩れする前に退場することを目指す。」
13日の朝には50万ドル相当のゲームストップとAMC株を買ったと語った。
インフルエンサーのアンドルー・テート被告は、人身売買、レイプ、女性を性的に搾取する犯罪組織を結成した罪で起訴されているが、ゲームストップ株を買うことについて常にXに投稿している。
 マーケットメーカーやブローカーは、株式オプション取引で誰もがもうかっているわけではない。
ミーム銘柄のショートポジションに固執する投資家は、10億ドル(約1560億円)以上の未実現損失に直面している。
 「前回からの大きな変化は、多くの運用会社がショートサイドのリスクコントロールを変更したことだとエージクロフトのスタインブルグ氏が述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街のカジノが営業再開、大盛況-ミーム株ブーム再び

Twitterでフォローしよう