おすすめ記事

ウォール街のクオンツ、生き残れるか-無リスク金利に敗れた戦略も

記事を要約すると以下のとおり。

インフレ高進と急速な利上げで再び生じた大きな変動や混乱はボラティリティーを好む投資の専門家に歓迎されたが、あらゆる種類のクオンツに恩恵をもたらしたわけではない。
 無リスクの金利すら上回れなかったことは、ウォール街のポートフォリオマネジャーにとっては大きな屈辱だ。
基本的に、あらゆる種類のヘッジファンドにとって手数料や制限的な取引条件を正当化するための基準が厳しくなることを意味する。
 インフレ鈍化で現金同等資産の金利はここ数カ月低下しているが、それでもまだ昨年10月に付けた22年ぶりの高水準に近い。
これは現在、年率約8%に相当する。
 「投資家の苦戦はさらに深刻化した。」
ブルームバーグGSAM米国株マルチファクター指数は昨年4.5%下落し、07年の算出開始以降で最悪のパフォーマンスとなった。
さらに問題を複雑にしているのは、市場のシナリオが突然変化し、不況とソフトランディングの間で焦点が切り替わったことだ。
Source:GoldmanSachs   中でも、先物市場でのロングやショートを通じて資産価格の勢いを追う商品投資顧問業者(CTA)として知られるクオンツは大きな痛手を被った。
金利差から利益を得るキャリートレードは、借り入れコストと共にスプレッドが拡大したため、リターンが向上した。
イジー・イングランダー氏のミレニアム・マネジメントは約10%、DEショーが運用する最大のヘッジファンドは10%弱のリターンが上昇するにつれ、投資家はヘッジファンド投資の年間リターン目標を、前回調査の6.85%から9.75%に引き上げた。
約90%の投資家が、ハードルレート(運用会社が運用報酬を徴収する前に越えなければならないリターンの最低要件)は無リスク金利または関連ベンチマークを下限とするべきだと回答している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街のクオンツ、生き残れるか-無リスク金利に敗れた戦略も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう