おすすめ記事

ウォール街のコンセンサス、最善の選択は2年債か-FRB方向転換で

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度の金融緩和への 「ピボット(方向転換)」に乗じる最善の手段は、利回りが引き続き4%を上回る短めの証券を買い込むことかもしれない。
 ウォール街のコンセンサスは明確だ。
    追加されたリスクに見合う代償をトレーダーが要求する長期債は、アンダーパフォームが見込まれる。
1年半余り前に逆イールド(長短金利差逆転)が最初に発生し、長期金利が年限のより短い債券利回りを現時点で約50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下回るが、今年7月の段階では、イールドカーブが来年のある時点でより通常のパターンに戻るという確信が高まっている。
 米投資会社ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の共同創業者で、債券王と呼ばれたビル・グロース氏、資産家のビル・アックマン氏など名だたる投資家が、逆イールドの反転を予測する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街のコンセンサス、最善の選択は2年債か-FRB方向転換で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう