おすすめ記事

ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融引き締めでリセッション(景気後退)リスクが日に日に高まる中、低迷する米国債相場の次の展開を巡ってウォール街の見方は一段と割れている。
同ETFは、ここ10年で最も魅力的な利回りを提供しており、金利リスクはほとんどないことから、需要が旺盛だ。
イールドカーブのもう一方の端については、「米金融当局が今のような積極的利上げを行わなくなるか、将来的に利下げすると考えるなら、TLTはデュレーションが非常に長く、そこから大きな恩恵を受けると分析した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入

Twitterでの意見

garboflash
ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入 より
kabe
ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入 より 投資家はイールドカーブの短期と長期を追跡するファンドの両方に多額の資金を投じている。
NEO
ウォール街の見方割れる 米イールドカーブの両端に多額の資金流入 現金と同等に扱われるETFで最大のSPDRブルームバーグ1-3カ月短期国債ETF(BIL)に今年、130億ドル(約1兆9400円)が流入 ここ10年で最も魅力的な利回りを提供、金利リスクはほとんどないことから需要が旺盛
レント
投資家はイールドカーブの短期と長期を追跡するファンドの両方に多額の資金を投じている。 ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入 より
ちろ@米国株
"1-3カ月短期国債ETFには今年、130億ドルが流入" "米国債20年超ETFにも同様の金額が流入した" ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入 より
hagiwararyu
BloombergJapanさんから ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入   10月25日15時07分台のニュースでした
百円富士
ウォール街の見方割れる、米イールドカーブの両端に多額の資金流入 >「米金融当局が今のような積極的利上げを行わなくなるか、将来的に利下げすると考えるなら、TLTはデュレーションが非常に長く、そこから大きな恩恵を受ける」と分析した。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう