おすすめ記事

ウォール街のChatGPTマニア、選好する銘柄はエヌビディア

記事を要約すると以下のとおり。

オープンAIが開発したチャットボット「ChatGPT(チャットGPT)」が、世界的な旋風を巻き起こしてから数週間。
23日の上昇率は一時6%を超えた。
AIアプリケーションが必要とする複雑なタスクのために設計されたグラフィック半導体市場で、エヌビディアは支配的な立場にある。
エヌビディア株価出所:ブルームバーグ    マイクロソフトは23日、オープンAIに100億ドルを投資すると発表した。
マイクロソフト、ChatGPTのオープンAIに複数年で100億ドル投資へ  シティグループの推計では、チャットGPTが生み出す言葉の予想と、マリク氏は生まれたばかりの技術が今後どう成長するのかをモデル化するのは難しいと認めつつ、チャットGPTの急成長は向こう1年でエヌビディアに30億-1兆4350億円)の売上高をもたらす可能性がある。
 バンク・オブ・アメリカは、エヌビディアがいわゆる生成系AI(ジェネレーティブAI)の成長で恩恵を享受する企業群の先頭に立つと指摘する。
過去数年に急増と急落を繰り返した仮想通貨マイニング業界からの需要がそうだった。
Nvidia'sDataCenterUnitHasGrownRapidlyGraphicschipshavebecomecentraltocloudcomputingSource:CompanydatacompiledbyBloomberg  株価目標の平均値に基づくと、アナリストらはエヌビディア株が向こう1年で13%上昇し200.68ドルに達すると予想している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街のChatGPTマニア、選好する銘柄はエヌビディア

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう