おすすめ記事

ウォール街割れる「5.75%から5%」「5%から3.25%」-23年FRB

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街の上位金融機関は、米連邦準備制度が来年にかけ利上げを継続するとの予測では一致しているが、金利水準のピークと2023年末までに利下げに転じるかについては、意見が割れている。
連邦準備制度が23年に利下げする最も説得力ある理由は、インフレ率が3%から5%の間で推移するというのが、実際にはわれわれの見通しだと指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウォール街割れる「5.75%から5%」「5%から3.25%」-23年FRB

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう