おすすめ記事

ウクライナでの戦争、「こう着」からロシア有利に傾く-3年目突入へ

記事を要約すると以下のとおり。

プーチン・ロシア大統領が開始したウクライナ侵攻は3年目に入ろうとしている。
西側諸国の政治的内紛で支援が滞る中、ウクライナとも国家機密として具体的な数字を伏せている。
 過去1年間に起きた主な出来事をタイムラインでまとめた。
アウディーイウカの損壊した建物(23年12月7日)Photographer:KostyaLiberov/Libkos/GettyImagesナワリヌイ氏が、厳戒態勢の収容所で体調を崩し死亡したと同国の当局が発表。
同国指導部の不和を巡る臆測に終止符を打った格好だが、戦争の方向性に対する500億ユーロ(約8兆1000億円)規模の金融支援パッケージで合意に達した。
EU、ウクライナ加盟交渉を開始した。
立候補は広く予想されていた。
ゼレンスキー氏が国防相交代2023年9月4日  ウクライナ軍は南東部にロシア軍が築いた第1の防衛線を突破した。
ロシア軍に石油を供給しているとされるタンカーを攻撃するウクライナの水中ドローン出典:ウクライナ軍ロシア、ウクライナ産穀物輸出合意を打ち切り、世界の食糧供給を巡る不透明性と地域の緊迫化で影響が及ぶ恐れがあると警告した。
プリゴジン氏は2カ月後、搭乗していたプライベートジェット機が墜落し、同乗者全員と共に死亡した。
プリゴジン氏搭乗の自家用ジェット機が墜落、全員死亡とロシア当局プリゴジン氏を追悼する仮設記念碑(23年10月1日、モスクワ中心部)Photographer:NataliaKolesnikova/AFP/GettyImagesウクライナが待望の反転攻勢開始2023年6月9日  ロシアが巨大ダムを爆破し、洪水で環境災害を引き起こしたとウクライナは非難。
ロシアは責任を認めず、ダム爆破はウクライナの仕業だと主張した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ウクライナでの戦争、「こう着」からロシア有利に傾く-3年目突入へ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう