おすすめ記事

エヌビディア、大手テクノロジー好決算シーズンの最終関門-22日発表

記事を要約すると以下のとおり。

人工知能(AI)用半導体の巨人である米 エヌビディアが22日の米株市場取引終了後に決算と、待望の見通しを発する。
 従って、エヌビディア決算には市場の熱狂の正しさを確認し、株価の未来を垣間見ることへの期待が懸かっている。
エヌビディア株急伸、売上高見通しが市場予想上回る-AI追い風    フリーダム・キャピタル・マーケッツのチーフグローバルストラテジスト、ジェイ・ウッズ氏は「エヌビディアはリーダーであり、エヌビディアの需要が堅調であれば、業界全体の需要が堅調であることを意味する。」
アルファベットは第1四半期の売上高が予想を上回り、先月配当を開始して以来14%も株価が下落したアップルも、好調な決算を受けて年初来プラスに転じようとしている。
エヌビディアはケーキの上のアイシングのようなものだと語った。
 シルバント・キャピタル・マネジメントのマイク・サンソテラ最高投資責任者(CIO)は「需要は依然として供給を上回っている。」
シティグループの株式トレーディング戦略責任者、スチュアート・カイザー氏によると、オプション市場では、エヌビディアのプットに対するコールのプレミアムは過去2カ月で消滅している。
カタリスト・ファンズのシニアポートフォリオマネージャー、デービッド・ミラー氏は、一斉売りを回避するためには、利益132億ドルと予想されており、それぞれ前年同期比243%増、544%増、544%増となる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース エヌビディア、大手テクノロジー好決算シーズンの最終関門-22日発表

Twitterでフォローしよう