おすすめ記事

エヌビディア、株式分割の頃合いか-今年だけで時価総額1兆ドル増加

記事を要約すると以下のとおり。

米半導体メーカー、 エヌビディアは株価上昇の勢いがとどまるところを知らない。
1対4の分割で4分の1となった株価は、昨年に240%の猛烈な上昇を記録した後も水準を切り上げ、現在では1000ドルに接近している。
そうなれば今は手が届かないと思っている小口のリテール投資家も参入しやすくなるだろうと述べた。
その後、2022年の軟調を経て、今では分割前の水準を超えた。
 シルバント・キャピタル・マネジメントのマイケル・サンソテラ最高投資責任者(CIO)は「考え方はいつも2通りある」と話す。
 確かにエヌビディアは近く株式を分割するような示唆は与えていないし、株価はなお上昇を続け、リテール投資家全員を尻込みさせているようには見えない。
 アップルとテスラはいずれも2020年に株式を分割した。
一方でマイクロソフトは03年当時約50ドルだったが、現在では400ドルを上回っている。
 原題:NvidiaLooksPrimedforaStockSplitPost$1TrillionRally(1)(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース エヌビディア、株式分割の頃合いか-今年だけで時価総額1兆ドル増加

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう