おすすめ記事

エヌビディアが強気予想、AI取り組み奏功か-時間外取引で株価上昇

記事を要約すると以下のとおり。

米半導体メーカー、 エヌビディアが2-4月(第1四半期)売上高で強気見通しを示し、株価が取引終了後の時間外取引で上昇した。
 株価は時間外で一時9%余り上げて226.52ドル。
再び世界で最も市場価値の高い半導体メーカーとなったが、その背景には「ChatGPT(チャットGPT)」などAIシステムへの需要が同社製品への注文を押し上げるとの投資家の読みがある。
データセンター売上高は21%減の60億5000万ドルと、予想平均の38億6000万ドルに届かなかった。
1株利益は一部項目を除いたベースで88セント。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース エヌビディアが強気予想、AI取り組み奏功か-時間外取引で株価上昇

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう