おすすめ記事

エヌビディア株に唯一の「売り」判断消える、好業績に調査会社が降参

記事を要約すると以下のとおり。

半導体メーカーの米 エヌビディアの投資判断をウォール街で唯一「売り」相当としていた調査会社モーニングスターは、人工知能(AI)コンピューティングの需要拡大を背景とした好業績を受け、「ホールド」に引き上げた。
    モーニングスターは、前年の150億ドルに増える見通し。
今年5-7月(第2四半期)のデータセンター事業の売上高は来年は600億ドル、28年会計年度には1000億ドルに達するだろうと予測し、「これほどの成長は大手ハイテク企業では前例がないかもしれないが、われわれはあらゆる種類の企業がAIに投資すると予想すると付け加えた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース エヌビディア株に唯一の「売り」判断消える、好業績に調査会社が降参

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう