おすすめ記事

カカオ豆高騰、イースターのチョコ菓子に打撃-より小さく、より高く

記事を要約すると以下のとおり。

ウサギ形のチョコレートやパステルカラーのマシュマロが盛られたバスケットはホリデーの定番で、米国人はイースターの期間に50億ドル(約7570億円)以上をこうした菓子類に費やすと予想される。
シュリンクフレーションと呼ばれる現象で、量は減っているのに販売価格は変わらないか、場合によってはこれまで以上を支払うことになる。
 ニューヨーク市場のカカオ豆先物は、2023年にすでに61%上昇しており、その後も急騰。
 NIQのデータによると、3月9日までの1年間で、卵型のチョコレートの平均単価は12%上昇し、販売量は4.2%減少。
特に、イースターの翌週にはホリデーシーズンの売れ残りがセールにもなる。
 それでも、チョコレートは多くの人にとって手頃な菓子であり続けている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース カカオ豆高騰、イースターのチョコ菓子に打撃-より小さく、より高く

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう