おすすめ記事

キオクシアとWD経営統合、3メガなど2兆円の融資で支援-関係者

記事を要約すると以下のとおり。

キオクシアホールディングスと米 ウェスタンデジタル(WD)の経営統合を支援するため、三井住友銀行など3メガバンクが最大2兆円の融資実行に向けて検討に入った。
 同関係者らによると、2兆円の内訳は融資1兆3000億円を三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行が均等で担う方向だ。
コミットメントラインは、経営統合までの間に運転資金として活用できるようにする。
持ち株会社の下にNAND型フラッシュメモリーを生産するキオクシアなどの事業子会社は当初、ナスダック市場での上場を目指す。
同関係者らは、規制当局の承認が降りる時期が見通せないため、持ち株会社設立の時期は早くても来年度以降になるとみる。
投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)が東芝に株式公開買い付け(TOB)を実施していることも交渉を複雑にした要因の一つだという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース キオクシアとWD経営統合、3メガなど2兆円の融資で支援-関係者

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう