おすすめ記事

キャリー好調後は円が急反転か、通貨ファンドがバリュー戦略に転じる

記事を要約すると以下のとおり。

為替ファンドの間では、これまでに大きく売られてきて、今後は金利低下の恩恵を受ける可能性がある通貨に注目する向きが増えている。
 こうしたバリュートレードが来年はアウトパフォームすると見込んでいるのは、CIBCアセット・マネジメントやオールスプリング・グローバル・インベストメンツ、ニューバーガー・バーマンなどだ。
2008年の金融危機以降、ボラティリティーの低迷とアルゴリズム取引の台頭に見舞われる中、こうしたファンドの80%が市場から撤退していた。
これはS&P500種株価指数の上昇率の2倍に近い。
 CIBCのマイケル・セイジャー副最高投資責任者(CIO)は「当社ではバリュー志向へのローテーションを始めつつある」とし、「バリュー取引での想定リターンは極めて大きそうだと述べた。
キャリー取引の人気でパフォーマンス急反転の下地も整った。
最も過大評価されているのがドルだ。
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派的な発言で米利下げ観測が高まり、最も売られていた通貨に買い安心感が生まれた。
 ニューバーガー・バーマンのファンドマネジャー、ウーゴ・ランチオーニ氏は「バリューは過去何年にもわたってアンダーパフォームしてきたが、遅かれ早かれ、勝つ戦略になるだろう」と指摘。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース キャリー好調後は円が急反転か、通貨ファンドがバリュー戦略に転じる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう