おすすめ記事

クリーブランド連銀総裁、一段と景気抑制的な政策必要-自己満足戒め

記事を要約すると以下のとおり。

米クリーブランド連銀のメスター総裁は、金融当局は利上げを継続する必要があるとし、数十年ぶりの高インフレの退治に取り組む上で自己満足に浸ってはいけないと指摘した。
総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。
さらに金融面でのボラティリティーが高まることもあり得るとした。
「希望的観測が説得力ある証拠に取って代わり、インフレを巡る時期尚早な勝利宣言や早過ぎる利上げの停止ないし反転につながらないよう、極めて慎重になるという意味だ」と語った。
[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース クリーブランド連銀総裁、一段と景気抑制的な政策必要-自己満足戒め

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう