おすすめ記事

クリーブランド連銀総裁、50bp 利上げも「説得力」あった-前回会合

記事を要約すると以下のとおり。

米クリーブランド連銀のメスター総裁は、前回1月31日-2月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、昨年12月会合に続いて政策金利を0.5ポイント引き上げる説得力ある論拠はあったと指摘。
「2週間前の会合では、金融市場参加者の期待とは関係なく、私としては50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き上げる説得力ある経済的論拠を見いだしていた。」
メスター総裁は今年の会合でより大きく動くこともあり得る。
経済の展開の仕方に左右されるということだと述べた。
「「インフレが持続的に2%へと低下するよう、十分に景気抑制的な政策を確実なものにしようということに私は集中していると語った。」
中国の経済活動再開も商品の需要を高め得ると述べた。
 FOMC参加者が12月に示した。
「リスクとコストを踏まえると、インフレの上振れリスクが現実化しインフレが想定通りに鈍化しない場合、または製品と労働市場における需給の不均衡が想定以上に長引いた場合、FF金利をより高く引き上げる準備を整える必要がある」と述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース クリーブランド連銀総裁、50bp 利上げも「説得力」あった-前回会合

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう