おすすめ記事

ゴールドマン、4-6月利益急減-投資銀不調や不動産評価損で

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス・グループの4-6月(第2四半期)は利益が急減し、デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)の下で最も低収益率の四半期となった。
ゴールドマン、4-6月業績低迷ほのめかす-決算控え市場に心の準備  株式トレーディングは明るいスポットで、収入は4%減の30億5000万ドル。
同部門は不動産セクターへのエクスポージャーの影響を受け、融資ポートフォリオとエクイティー投資の税引き前利益は11億5000万ドル押し下げられた。
 一部の連結不動産投資やのれん代償却に伴う減損の会計処理のため、営業費用も急増した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン、4-6月利益急減-投資銀不調や不動産評価損で

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう