おすすめ記事

ゴールドマン、4-6月業績低迷ほのめかす-決算控え市場に心の準備

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス・グループは、四半期決算が3回連続で投資家を失望させるの避けるべく、19日に発表する4-6月(第2四半期)業績への市場の期待を抑えるよう努めている。
予想される減益率は同業者の中で最大の部類に入る。
弱い、ひどいというカテゴリーに入る項目が恐らく半ダースはあるだろうと話した。
    これまでに出された情報の多さは、実際の決算発表後の株価パフォーマンスを下回った。
 バークレイズのアナリスト、ジェーソン・ゴールドバーグ氏は、ゴールドマンが四半期途中に具体的な業績見通しを示すのは「本当に久しぶりだ」と述べた。
 アナリストはゴールドマンの4-6月純利益が15億ドル(約2100億円)とJPモルガン・チェースについては増益を見込んでいる。
最近には3ドルを下回る予想もあった。
決算内容次第では、ゴールドマンの幹部は同社が転換点にあると株主に示す必要性に迫られている。
また、内部に対立があり幹部は緊張状態に気付いた顧客に説明するのに時間を割いているという。
フィンク氏はソロモン氏がCEOに就任してからの5年間に、ゴールドマンの純資産価値は上昇した。
しかし投資家は評価せず、株価純資産倍率は2018年の水準を下回っている。
リテールバンキング進出から方向転換し、投資銀行と資産運用、ウェルスマネジメントに注力している現在の「戦略は正しい。」
資産運用からの手数料収入の安定的な伸びを挙げ、消費者向け事業参入の失敗は終わったことだと強調する見込みだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン、4-6月業績低迷ほのめかす-決算控え市場に心の準備

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう