おすすめ記事

ゴールドマン、PE戦略のESG「9条」ファンドに顧客資金2000億円

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス・グループの資産運用部門が、自社のいわゆる「9条」ファンドに16億ドル(約2000億円)強の顧客資金を呼び込んだ。
同社は、ポートフォリオ企業ごととファンド全体へのインパクトについて報告する方針という。
ESG関連で、従来よりも詳細な書類の提出が課される状況に運用業界は対応している。
 SFDRが21年3月に施行された後、EUは9条の解釈を巡り、ガイダンスを更新。
12社に対して、計10億ドル近くの投資をすでにコミットしたとコメントしている。
 05年にゴールドマンが「変革を起こす」環境・気候関連ソリューションと呼ぶ対象に投資を開始して以降、「より効率的でサステナブルなビジネス慣行を可能にするテクノロジーと、資産運用部門プライベート市場サステナブル投資責任者のケン・ポンタレリ氏は声明で言及した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン、PE戦略のESG「9条」ファンドに顧客資金2000億円

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう