おすすめ記事

ゴールドマン、S&P500種急落の原因は「ゼロ・デー・オプション」

記事を要約すると以下のとおり。

15日の米株式市場でS&P500種株価指数が急落した様相をよく見ると、市場を動かしている新たな要因が浮かび上がってくる。
これらのオプションは、中立のポジションを維持するためのヘッジを急いだ。
 約20年にわたり資金の流れを研究してきたルーブナー氏は16日のリポートで、「20分という短い時間にこれほど劇的な動きをしたマーケットメーカーのヘッジを処理できるほどの流動性が市場にはないと指摘した。」
ノムラによれば、この人気急上昇は10カ月続いた株高が一服した結果だろうが、日中の株価変動が激しくなっている一因になっている可能性がある。
7月27日は7月27日は7月27日は7月27日は7月の米雇用統計が発表された。
10日には7月の米消費者物価指数(CPI)が発表された。
 Source:GoldmanSachs  S&P500種は15日、3月後半以降で初めて50日移動平均線を下回って引けた。
トレンドと価格シグナルを基に資産配分を行う戦略は、今年の株式市場で最大の買い手だった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン、S&P500種急落の原因は「ゼロ・デー・オプション」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう