おすすめ記事

ゴールドマン、23年度コアCPI予想2.8%に上方修正-日銀との差拡大

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス証券は、2023年度の生鮮食品を除く消費者物価指数(コアCPI)予想を上方修正した。
 同証券エコノミストの太田知宏、田中百合子、馬場直彦3氏は、「日銀が7月に物価見通しを上方修正する可能性が高まっていることを示唆している。」
ブルームバーグがエコノミスト47人を対象に1日から6日まで実施した調査では、政策修正のタイミングを7月と予想する向きが最も多かった。
情勢に大きな変化がなければ、7月の次回リポートで23年度の見通しの引き上げが議論になる可能性を関係者は指摘している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン、23年度コアCPI予想2.8%に上方修正-日銀との差拡大

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう