おすすめ記事

ゴールドマンが得た今年の教訓、中国と他の新興市場を分けて扱う必要

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス・グループの世界通貨・金利・新興市場戦略責任者を務めるカマクシャ・トリベディ氏は、新型コロナウイルス禍後の活動再開で中国経済が活況を呈するだろうという、2023年の最もポピュラーで大外れした予想の一つから、二つの主要な教訓を得たと話す。
 トリベディ氏が挙げる二つ目の教訓だと指摘する。
「こうした組み合わせは新興市場資産に非常に悪いものだが、それにもかかわらず新興市場資産は底堅いパフォーマンスとなっている」と語った。
  トリベディ氏は「新興市場の観点からは、安価なバリュエーションにもかかわらず、中国の失速が続いたことが最も失望すべき点で、それが今年を通じ新興市場資産の重しとなった」と話した。
来年の新興市場資産のトータルリターンはプラスと見込まれると語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマンが得た今年の教訓、中国と他の新興市場を分けて扱う必要

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう