おすすめ記事

ゴールドマンの低い米リセッション確率は間違いか-債券投資家が示唆

記事を要約すると以下のとおり。

米国株が再び強気相場入りしたほか、米経済は一貫して予想を上回ってきており、リセッション(景気後退)の脅威は完全に過ぎていないにせよ和らいだと、一部企業は示唆している。
インフレが高い水準に根強くとどまる中、先週にはカナダとオーストラリアの中銀が予想外の利上げを実施し、米金融当局に今後の会合で追随するよう一定の圧力をかける格好となっている。
 ゴールドマン・サックス・グループは先週、米経済が向こう12カ月以内にリセッション(景気後退)に陥る確率の予想を変更した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマンの低い米リセッション確率は間違いか-債券投資家が示唆

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう