おすすめ記事

ゴールドマン富裕層部門CIO、米国株の上昇はリセッションでも可能

記事を要約すると以下のとおり。

2022年に年間ベースで世界金融危機以来の大幅下落となった米国株にとって、米国のリセッション(景気後退)は必ずしも悪いニュースとはならないと、ゴールドマン・サックス・グループのウェルスマネジメント部門ではみている。
「しかし、昨年の株価下落を踏まえ、バリュエーションリセットの大部分は既に起きたと当社では考える」と記した。
回避される。
リセッションが収まるのに伴い、株式相場は持ち直し、リスクが比較的低い分散化されたポートフォリオは1桁台後半のリターンをもたらすだろう23年以降も続く。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン富裕層部門CIO、米国株の上昇はリセッションでも可能

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう