おすすめ記事

ゴールドマン日本株ファンド、半導体銘柄が魅力的-世界的流れに沿う

記事を要約すると以下のとおり。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの小菅一郎日本株式ポートフォリオ・マネジャーは「世界の半導体産業の成長にきっちりついていける、成長できる企業を選んでいる」と述べ、日本株の半導体銘柄の一部を魅力的だと指摘した。
 運用成績が好調な世界のファンドで半導体株を魅力的とみる動きが広がっている。
 小菅氏は半導体関連銘柄の足元の業績は厳しいとしつつも、一部は中長期的な成長が期待できるとみている。
 5771億円(2022年12月末時点)の資産を運用するファンドの一つではアドバンテストが組み入れ上位にあり、HOYAや信越化学工業など半導体関連銘柄を分析してアクティブ投資を行う。
時価総額2000億円以上の銘柄を選別し、投資する戦略だ。
 また、インバウンドの増加や国内の賃金上昇で内需銘柄の保有ウエートを増やしたことも明らかにした。
 そのため、企業との対話を通じて株価評価にも影響を与える企業成長の持続可能性を見極めるとし、全ての保有銘柄企業に対し株主還元だけでなく、成長投資も視野に入れた経営を議論するといったエンゲージメントもファンドの好成績ファンド、サムスンやTSMCのアジア半導体銘柄に重点。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ゴールドマン日本株ファンド、半導体銘柄が魅力的-世界的流れに沿う

Twitterでの意見

ちぇりおう🍒🌻
日本株投資で運用成績トップクラスのファンドが割高感からAI関連銘柄をいったん手放して出遅れ感のある銘柄に資金シフトをしている。 米ゴールドマン・サックス・グループの推奨する運用と対照的。
志水雅己🌱
日本株トップファンド、AI関連売却して出遅れ銘柄に資金シフト 食料品やエネルギー、医薬品のアンダーウエートを推奨する一方、電機やITサービスのオーバーウエートを勧めるゴールドマンの見立てとも相反する。
Yasutaka Tamura|田村康剛
日本株トップファンド、AI関連売却して出遅れ銘柄に資金シフト 日本株投資で運用成績トップクラスのファンドが割高感からAI関連銘柄をいったん手放している。出遅れ感のある銘柄に資金シフトをしており、米ゴールドマン・サックス・グループの推奨する運用と対照的だ。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう