おすすめ記事

サウジがG7に警告、ロシア凍結資産押収なら欧州債売却と脅し

記事を要約すると以下のとおり。

主要7カ国(G7)がおよそ3000億ドル(約48兆3000億円)に上るロシア凍結資産の押収を決定すれば、サウジアラビアは保有する欧州債券の一部を売却する可能性があると今年に入り内々に示唆した。
サウジは具体的にフランス国債に言及したと、関係者の2人は語った。
 ユーロ圏の一部の国は、ユーロの価値が損なわれる恐れがあるとして、ロシア凍結資産の直接の押収には反対した。
「G7や他国とサウジの関係には、相互の尊重がある。」
売却するとしても相場に大きな違いをもたらすほどではないとみられるが、それでも欧州当局者はサウジの姿勢は変わったと、関係者の1人は語った。
 関係者によると、サウジが資産押収の前例が作られ将来的に別の国にも使われる恐れから自らの利益を考えて行動したのか、ロシアとの連帯から動いたのかは定かではない。
 いかなる動機であれ、国際舞台におけるサウジの影響力の強まりと、G7にとってウクライナ問題でいわゆる「グローバルサウス(新興・途上国)」の支持を確保することの難しさが浮き彫りになる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース サウジがG7に警告、ロシア凍結資産押収なら欧州債売却と脅し

Twitterでフォローしよう