おすすめ記事

サマーズ氏、「円はどちらの方向にも動き得る」-為替介入は効果なし

記事を要約すると以下のとおり。

日本政府・日銀が最近、大規模な為替介入を実施したと考えられているが、サマーズ元米財務長官は為替相場を動かす手段としての介入は効果が薄いと述べた。
「相場はその後、反対方向に動くことがある」として、「円相場が現行水準からさらに下がると確信を持って予想するのは避けたい。
ユーロ相場出所:ブルームバーグ  「円が上昇したとしても、それは介入効果というより、これまでの動きに対する「反動」による部分の方がずっと大きいだろうと述べた。
ドルは強さを増していると発言。
 ドル高が「今後も続くとあてにできないだろう」とサマーズ氏。
FOMC、政策金利据え置き-インフレ沈静化の進展は失速(3)米国の単位労働コストを指摘し、「気がかりな高さだったと述べた。」
原題:SummersSaysCurrencyInterventionsFailEvenatJapan’sScale(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース サマーズ氏、「円はどちらの方向にも動き得る」-為替介入は効果なし

Twitterでフォローしよう