おすすめ記事

サマーズ氏、トランプ氏の政策案を批判-「スタグフレーション生む」

記事を要約すると以下のとおり。

サマーズ元米財務長官は14日、トランプ前大統領が打ち出している政策案は米国と世界経済の両方に計り知れないダメージを与えるものだと非難した。
 トランプ氏は前日に行われた共和党下院議員との会合で、関税を引き上げ所得減税の原資の一部にする考えを示した。
 現在はハーバード大学教授でブルームバーグテレビジョンに定期的に出演するサマーズ氏は、サマーズ氏による批判について聞かれると、「1期目のトランプ政権の経済成長政策により、住宅ローンと金利、失業率は歴史的な低水準となり、インフレはほぼ皆無だったと主張。」
労働者世帯に大きな負担を与え続けているバイデン氏の移民排斥姿勢についても言及し、「労働力の供給に対する制約が増すことで「賃金インフレ圧力が強まるだろう」と述べた。
 政治的な利下げ圧力に直面すれば、米金融当局は金利を高く維持することで政治からの独立を証明せざるを得ない状況に追い込まれる恐れもあると、サマーズ氏は指摘。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース サマーズ氏、トランプ氏の政策案を批判-「スタグフレーション生む」

Twitterでフォローしよう