おすすめ記事

シンガポールのグラブ、収支均衡化目標を前倒し-4~6月は赤字縮小

記事を要約すると以下のとおり。

ソフトバンクグループが出資するシンガポールの配車サービス・フードデリバリー会社、 グラブ・ホールディングスの4-6月(第2四半期)決算は、大規模なコスト削減を背景に赤字が縮小した。
従来は10-12月(第4四半期)の収支均衡化を想定していた。
 発表資料によると、4-6月期の調整後EBITDAの赤字だった。
GrabClosesInonProfitGoalasCostCutsBiteSingaporeride-hailingandfooddeliveryfirmnarrowsoperatinglossforsixstraightquartersSource:GrabHoldings  グラブは6月、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降で最大規模となる1000人余りの削減を求める投資家からの圧力の高まりを示唆した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース シンガポールのグラブ、収支均衡化目標を前倒し-4~6月は赤字縮小

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう