おすすめ記事

ジェファーソンFRB理事、6月利上げ停止示唆-終了は意味せず

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェファーソン理事は5月31日、連邦公開市場委員会(FOMC)が6月の会合では金利据え置きに傾いていることを示唆した上で、そうした決定が行われても利上げ終了を意味するわけではないと指摘した。
 この発言を受け、トレーダーが予想する6月会合での利上げ確率は35%程度と、前日の約60%から低下した。
私が次の会合での利上げ休止を考える立場の一人であることは確かだとした上で、「追加の引き締めが可能だ。」
5月のFOMC会合でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0.25ポイント引き上げて5-5.25%とした後、パウエルFRB議長が6月利上げ休止の明確なシグナル-「分析する余裕があるとの見解を示している。」
一部の指標によっては、特にコアのサービスセクターなどでこのとこと進展が鈍っていると分析。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ジェファーソンFRB理事、6月利上げ停止示唆-終了は意味せず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう