おすすめ記事

スタグフレーションは最悪の展開-ダボスでの楽観を脅かす

記事を要約すると以下のとおり。

スイスのダボスで1月中旬に開かれた世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に集まった世界のリーダーたちの見通しは、「慎重ながら楽観的」から「公然と前向き」の間に分布していた。
スタグフレーションは全ての金融資産にとって最悪の結果だと、ノルウェー政府系ファンド(SWF)を運営するノルウェー中央銀行投資管理部門(NBIM)のニコライ・タンゲン最高経営責任者(CEO)は言う。
中国の成長が予想を上回れば現在ある原油の「余剰はあっという間に消え失せるだろう」と述べた。
 この考えはダボスでビジネスをしようという人々の期待と熱意に水を差すことはなかった。
1月の米小売売上高は1年ぶりの大幅減少となり、ニューヨーク連銀の製造業景況指数は急低下して新型コロナのパンデミック初期以来の低水準となった。
米国民は現在、所得の30%を家賃に費やしており、ムーディーズ・インベスターズ・サービスによるとこの割合は20年余りで最高。
 これら全てが経済活動減速の中でのインフレ持続、つまりはスタグフレーションを示唆している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース スタグフレーションは最悪の展開-ダボスでの楽観を脅かす

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう