おすすめ記事

ソフトバンクG、孫氏の確実な勝利を優先-アームIPO調達額を犠牲

記事を要約すると以下のとおり。

ソフトバンクグループの孫正義社長は、流れを変えることを決意していた。
そして何よりも重要だったのは、上場初日の14日に25%上昇した。
48億7000万ドル(約7200億円)を調達したアーム上場は米国で2年ぶりの規模だった。
IPO価格を1株当たり1ドル高く設定するだけで、約1億ドル以上増えたところだ。
ただ、株価が上昇したおかげで、ソフトバンクGはアームIPOに際し異例のアプローチを取った。
型破りな選択  ソフトバンクGの創業者で社長の孫正義氏は13日午後のIPO価格決定の会合に加わったと、ブルームバーグ・ニュースは報じた。
 しかし、傘下の通信会社ソフトバンクを含めIPOの失敗が続いた後、孫氏には勝利が必要だった。
だが、孫氏の銘柄は特にひどかった。
ソフトバンクG支援のIPO、一般投資家は稼げるのか-上場後に注目  アームのIPOに携わったバンカーらは、自分たちがこの流れを断ち切ったと考えている。
同社はまた、シリコンバレーでの幅広い投資家が取得し、上位25が約70%を占めた。
このIPOには合計650以上の投資家が参加したという。
ソフトバンクGが出資しているレーンは、アーム上場の財務アドバイザーを務め、レーンの共同創業者で孫氏の友人でもあるジェフ・サイン氏も同席していたと、関係者が明らかにした。
バンカーや幹部らは驚いたが、価格は結局51ドルで決まった。
 「この日をどう表現すればいいか、結婚式、卒業式、バル・ミツバー(ユダヤ人の男の子が13歳になる時に行われる成人式)が一緒にやって来たようだったとハースCEOは付け加えた。」
 「6-9カ月前に置かれていた状況に比べて、素晴らしい結果にたどり着いたと同氏は語った。」
14日に取引が始まる前に孫氏はもう、IPOとは無関係の業務についてテキストメッセージを送ってきたとハース氏は話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ソフトバンクG、孫氏の確実な勝利を優先-アームIPO調達額を犠牲

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう