おすすめ記事

ソフトバンクG傘下のアーム、大型IPOにAI投資家呼び込めるか

記事を要約すると以下のとおり。

半導体ビジネスに少し関われば、大抵すぐに アームの名を目にする。
 アームは上場していた。
 ソフトバンクGは買収当時、公開企業でなくなることでアームは四半期ごとの決算でウォール街に感銘を与えなければならないという絶え間ないプレッシャーから解放され、成長を追求することができると説明。
半導体業界の活況という好機を捉え、ソフトバンクGが広く有する価値ある資産を現金化する動きだった。
 業界内の懸念に加え、規制・監督当局も圧力を強め、エヌビディアは22年初めにアーム買収を断念せざるを得なくなった。
アームの中国部門では奇妙な権力闘争が勃発していた。
数十億ドル規模に上るスタートアップ投資のポートフォリオの評価額低下に伴うトラブルを避けるためだ。
パソコンとスマホは半導体企業は供給過剰に陥り、米フィラデルフィア半導体株指数は22年に36%下げた。
AIの未来  そして、ようやくその時が来たようだ。
 22年11月になると米オープンAIが対話型AI「ChatGPT(チャットGPT)」を発表。
 シガース氏からアームのCEO職を昨年引き継いだレネ・ハース氏Photographer:RitchieBTongo/EPA-EFE/Shutterstock  アームはバッテリー駆動の携帯電話というエネルギー制約のある製品に向けて技術を開発してきたこともあり、データセンターで使われる半導体を製造する企業に対し特定の専門知識をアピールする機会があると考えている。
 データセンターにおけるエネルギー使用は一般的にはこれまでそれほど懸念されていなかった。
 同氏はスタートアップの米アンペア・コンピューティングを支援。
 アマゾンによると、アームの技術を活用したAWSの4万の顧客に利用されているという。
 だが、アームがデータセンター向けで足場を固めつつあるとしても、同社が必ずしもAIの未来における中心的存在になるとは限らない。
AMDやインテルなど一般的なデータセンターに重点を置く他の半導体メーカーはこれほどうまくいっていない。
「なりすまし」対「本物の候補」で注意が必要だとし、「大げさな売り込みに踊らされないことが重要だと語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ソフトバンクG傘下のアーム、大型IPOにAI投資家呼び込めるか

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう