おすすめ記事

ソロス・ファンド元CIO、今年これまでにプラス30%のリターン

記事を要約すると以下のとおり。

ソロス・ファンド・マネジメントで最高投資責任者(CIO)を務めていたスコット・ベセント氏のマクロヘッジファンドは今年の運用成績が27日時点でプラス30%となった。
 キー・スクエアの運用成績は27日時点でプラス54%を記録したと投資家の1人によれば、ベセント氏は日銀のYCC修正発表以降、対ドルでの長期のアウト・オブ・ザ・マネー円コールのポジションで約300ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)のプラスのリターンを上げた。
 キー・スクエアの広報担当者はコメント。
また、日本の投資家が外国の債券を売却して国内投資のために資金を環流させることで、イールドカーブが世界的にスティープ化するとみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ソロス・ファンド元CIO、今年これまでにプラス30%のリターン

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう