おすすめ記事

タカ派の米地区連銀総裁2人、年内に追加利上げ必要になる可能性指摘

記事を要約すると以下のとおり。

タカ派として知られる米地区連銀総裁2人が22日、年内に追加利上げが必要になる可能性があるとの見解を示した。
同じくタカ派のミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、6月13、14両日の次回連邦公開市場委員会(FOMC)会合での利上げ停止に対して明確に反対はしておらず、インフレ抑制が必要になれば利上げを休止するという他の当局者が表明した道筋の正当性を裏付けるものだ。
「今年はあと2回の行動を考えている。」
 カシュカリ総裁は銀行セクターのストレスが物価抑制に寄与していることを裏付ける証拠はまだ得られていないものの、その可能性があるため、物価圧力が予想通り緩和しない場合は利上げ休止に同意するとCNBCとのインタビューで語った。
 一方、サンフランシスコ連銀のボスティック総裁も次回会合での自身の立場については明言を控えたものの、利上げの遅行効果や銀行セクターのストレスによる金融状況の一段の引き締まりを強調。
「金融政策の効果の浸透には時間を要する。」
 ブラード、デーリー、ボスティックの各総裁は投票権を有する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース タカ派の米地区連銀総裁2人、年内に追加利上げ必要になる可能性指摘

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう