おすすめ記事

タンカーが8000キロ遠回り-戦争や気候変動で2つの航行の難所回避

記事を要約すると以下のとおり。

あるガスタンカーが遠回りの長期航行を余儀なくされており、戦争と気候変動が海運業界に与える打撃が浮き彫りになっている。
追加の運賃は180万ドル(約2億6000万円)に上る可能性がある。
 同タンカーはその代わり、エジプトのスエズ運河を利用しようとした。
データ分析会社ケプラーのアナリスト、キアラン・タイラー氏によると、14日に米メキシコ湾からアジア北部への航路でガスタンカーをチャーターした場合、運賃は1日当たり12万3000ドル、15日間で約180万ドルだった。
 ケプラーのデータと船舶情報サイトのイクエーシスによると、同タンカーは中国を拠点とするパシフィック・ガスが所有。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース タンカーが8000キロ遠回り-戦争や気候変動で2つの航行の難所回避

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう