おすすめ記事

ダブルライン、投資適格で最も高リスク債の保有減らす-高金利を懸念

記事を要約すると以下のとおり。

ダブルライン・キャピタルは、債券利回りの変動が続くとの見通しと、借り入れコスト高止まりが企業収益を圧迫する可能性への懸念から、投資適格債の中で最もリスクの高い債券の保有を減らしている。
スプレッドが小さいので、間違いを犯す余地はあまりない。
また、インフレ率は2.5-3%程度の高水準で推移する可能性が高いという。
借り入れコストは1年以上高止まりしており、これが経済への圧迫要因となっている。
 ハイグレード債の平均スプレッドは2022年初め以降の最低水準で推移している。
     コーエン氏は、期間が長めの投資適格債をアンダーウエートにしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ダブルライン、投資適格で最も高リスク債の保有減らす-高金利を懸念

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう