おすすめ記事

テグナ買収計画に暗雲、当局が判断先延ばし-融資する銀行団は歓迎か

記事を要約すると以下のとおり。

米投資会社 スタンダード・ゼネラルによるテレビ局運営会社 テグナの買収計画は約1年前の合意発表後、米当局の審査が続いていたが、このほど当局は判断を 先延ばしすると表明。
終値は19%安。
 2022年3月の修正提出文書によると、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)率いるシンジケート団は5億ドルの融資をまとめた。
しかし投資家はなお、テグナの案件で銀行が22年2月に取り決めたとみられる最大金利水準を上回っており、銀行はこの金利差分を負担することになり得る。
 スタンダード・ゼネラルの広報担当は直近の決算発表を示し、それ以上のコメントはしなかった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース テグナ買収計画に暗雲、当局が判断先延ばし-融資する銀行団は歓迎か

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう