おすすめ記事

テスラ、年初から時価総額940億ドル減-逆風吹き前年の上昇から一転

記事を要約すると以下のとおり。

米電気自動車(EV)メーカーの テスラは、2023年に株価が2倍強になった。
米国を中心にEV需要の伸びが鈍化しつつある中での展開だ。
    悪いことには、テスラの状況が間もなく好転する可能性は高くない。
また、米国の工場での生産の大半を1月29日から2月11日まで停止する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース テスラ、年初から時価総額940億ドル減-逆風吹き前年の上昇から一転

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう