おすすめ記事

テスラ株投資家の熱狂、戻るのか-最大の暗雲はEV需要の鈍化

記事を要約すると以下のとおり。

電気自動車(EV)メーカー、米 テスラの株価は今年に入ってからの極端な下落からここ数日は持ち直しの兆しも見せているが、投資家に持続的な回復を確信させるために必要な明確な展望は開けていない。
「バリュエーションは往々にして、その企業の最も弱い部分に連動する。」
しかし、テスラにとっての最大の暗雲はEV需要の鈍化だ。
 みずほセキュリティーズのアナリスト、ビジェイ・ラケシュ氏はEV販売台数は前年比約15%増から下方修正した。
    SPEARインベストのイバナ・デレフスカ最高投資責任者(CIO)は「この水準で、すでにかなりの悲観論が株価に織り込まれている」とし、「ここから先は二つに一つのシナリオになると思うと説明。
今後1カ月以内に株価が10%下落した場合に利益を得るプットの価格は上昇傾向にあり、株価に対する警戒感が高まっていることを示している。
専門家やアナリストは、この技術がすぐに広く採用されるようになるとは考えていない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース テスラ株投資家の熱狂、戻るのか-最大の暗雲はEV需要の鈍化

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう