おすすめ記事

ディストレスト投資を22年の波乱が変えた-教訓生かし23年に備えよう

記事を要約すると以下のとおり。

抜け目のない投資家は今年、タイトになったクレジット市場でも好機を捉えた。
例えば、ツイッターの買収劇や、米オンライン中古車販売プラットフォーム運営会社カーバナのわずか数カ月での株価急落とそれに伴う債権者の動きは、今年の特徴とも言える。
  ロシア  何年もキャッシュをため込んできたヘッジファンドだが、ロシアが2月にウクライナへの軍事侵攻を始める前には行動する準備ができていた。
一方、ロシア国債が6月にデフォルトに陥ると、債券保有者は長期にわたる複雑な債権回収のプロセスに入った。
融資債権の売却、銀行による来年の高リスク融資へのアプローチに影響を与えると、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のポートフォリオマネジャー兼コーポレートスペシャルシチュエーションズ責任者ジェイミー・ワインスタイン氏は指摘する。
「ファイナンス絡みの損失を吸収している銀行は、新たな資金調達を約束する公算が小さく、積極的ではない」と述べ、問題のある企業が市場から完全に締め出される可能性があることを示唆した。
投資家にとっては、ドミノ倒しが始まると資産価値がどれだけ速いペースで消えていくのかという警告になった。
 マットレス販売のサータ・シモンズを巡る訴訟でも、他の投資家に利益をもたらす緩い債務条件の活用を抑制し得る判断が下された。
アポロ・グローバル・マネジメントとPIMCOが協定、カーバナ巡る債権者の争い阻止で-関係者  法律事務所デービス・ポーク・アンド・ウォードウェルの再編共同責任者ダミアン・シェイブル氏は「債券投資家が新たな脅威から自らを守るために協力する方向に回帰し始めている。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ディストレスト投資を22年の波乱が変えた-教訓生かし23年に備えよう

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう