おすすめ記事

ディストレスト投資大手、FTX顧客債権に関心か-オークツリーなど

記事を要約すると以下のとおり。

サム・バンクマンフリード被告らが共同で創業し、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXグループに対する顧客らの債権が、ディストレスト投資のビッグネームの関心を引き付けている。
同社のディストレスト&スペシャルシチュエーションズ責任者、ジョー・フェメニア氏は「ディストレスト債市場の主要参加者の多くがこれに注目している」と指摘した。
カウエンとシーポートにもコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ディストレスト投資大手、FTX顧客債権に関心か-オークツリーなど

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう